DOCOMOについて

キャリヤ系モバイル通信サービスは
長い間携帯電話またはデータ通信カードによって
移動通信サービスを提供したキャリヤ系通信事業者です。
会社名変化と統合と廃止は繰り返されたが、現在これまで上記の4社に定まります。
会社が提供する移動通信サービスの概要を見ます。

■NTTドコモ

NTT DOCOMOが提供するモバイル通信サービスのデータ通信サービスについての
ウェブ・ページは「FOMA」(FOMA)です、「FOMAハイスピード」
「xi」(クロッシィ)FOMAは「Freedom Of Mobile multimedia Access」の
イニシャルによってW-CDMA方法を採用して
下りデータ通信を最高384kbps提供します。

FOMAの速度を上げた部門はFOMA高速で
W-CDMA方法の速度を上げたHSDPA方法とHSUPA方法を採用して
外国行きに最高14.4Mbpsわかります。

FOMAとFOMAハイスピードは主に携帯電話をターゲットとした移動通信サービスでした。
しかし、2010年の末からサービスを始めたXiは多機能電話での利用を装いました。

xiはLTEを採用して、外国行きのものの高速データ通信を最高75Mbps可能にします。

ところで、移動通信サービスは、モバイル通信システムの生成数によって
「3G」のような「W-CDMA」のような通信方式の名前と
「4G」としばしば呼ばれていません。
copyright(C)乗り換えプラン【高速モバイル】